フォト
無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

沖縄

久米島旅行 ~観光編~

連休最終日ですね。

ワタシはカフェの仕込みと部活へ行く長女のお弁当作りがあり

早朝からお仕事でした~。

そんな時に癒されるのが久米島の写真。

Rimg3352

比屋定パンダからの眺め。

遠く白く見えるのがはての浜です。

今回は行くつもりでしたが

予定していた日が台風の影響で波が高くなり

泣く泣くあきらめました。

Rimg3307

畳石。

ここから見る海が一番キレイなような気がします。

Rimg3302_2

大汗をかきながらたどり着いた鳥の口。

雄大な眺めです。

Rimg3369

島に一つある風力発電。

真下から見上げると迫力満点。

Rimg3383

カフェに飾った島の雑貨屋さんで買ったガラス瓶たち。

この瓶を見る度に島へ帰りたくなります。


 ブログランキングに参加してます。
 応援お願いします (人><。)
 ↓
人気ブログランキングへ

久米島旅行 ~食べ物編~

長い夏休みが終わってしまい

カフェのお仕事が始まった今週はキツイ日々でした~。

ブログの更新もいただいたコメントにお返事もできず

ゴメンナサイ。

今日は久米島の旅行記をUPしようかと。

Rimg3286

久米島での滞在はいつもイーフビーチホテルです。

日本の渚100選に選ばれているイーフビーチが目の前。

Rimg3315

なので見事なオーシャンビュー。

今回は3階のお部屋に案内されました。

Rimg3285

ベランダからの眺めはこんな感じ。

海で泳いだりプールで泳いだり、子供たちは行ったり来たりしてました。

豪華なリゾートホテルではありませんが

海を見ながらのんびりゆったり過ごすには十分。

美味しいものもいっぱい食べてきましたよ。

次女がイーフビーチホテルのレストランで楽しみにしている

Rimg3274

伊勢海老のバター焼き。

前回の滞在の時に食べて次女の「また食べたい一品」だったそう。

ボリュームたっぷりで、この一皿で満足されてました。

一口もらって、プリップリの食感と甘さに感激しましたよ。

居酒屋さんでもイロイロ食べました。

Rimg3281

塩味の煮魚「マース煮」

南のお魚なので、模様が賑やか。

でもお味は最高♪

お魚の味が染みた島豆腐がこれまたいい!

豆腐好きなオットのツボにはまってました。

ホント泡盛とよく合います。

Rimg3295

お刺身の盛り合わせでまた泡盛をグビッと・・・。

紅芋やもずくの天ぷら、島ラッキョウ、イカ墨のぞうすいなど

沖縄ならではものをたっくさんいただいてきました。

そうそう、島の地鶏も美味しいです。

ちょっとお高めですが、久米島へ行かれたら是非お試しください。

Rimg3346

赤嶺パイン園でパイナップルと一緒に頼んだドラゴンフルーツ。

鮮やかな色に反してお味はあっさりとしています。

シークワーサーを一滴たらすと、濃厚な味に変身したのにはびっくり。

沖縄では当たり前の食べ方なのでしょうか?

Rimg3343

こちらの素敵な建物は、ず~っと行きたかった「やん小」。

Rimg3335

念願の味噌そば♪

手打ち麺にこだわりのスープ、噂通りのお味でした。

これまで本島でもいろんなお店で沖縄そばを食べましたが

ここが一番かも!

久米島は小さな島ですが、侮れません。


 

 ブログランキングに参加してます。
 ポチッと応援していただけると嬉しいデス ヽ(´▽`)/
 ↓
人気ブログランキングへ

2013年 久米島

アルカフェは9月2日(月)までお休みをいただいております。


今日も暑くなりそうですね。

夏休みも残すところあと数日となりました。

ワタシはお休みをいただいて、25日から行ってきました!

Rimg3288

2年ぶりの久米島♪♪♪

今回で4回目になります。

Rimg3293

相変わらず海は美しく

家族全員大はしゃぎ。

Rimg3290

このパラソルの下でデッキチェアーに寝転んで

ワタシは読書三昧。

癒されました~。

滞在中はお天気に恵まれて

最終日の昨日は晴れていましたが、台風の接近で強風。

内心、「飛行機、飛ばなきゃいいのに・・・」と思いましたが

欠航になることもなく無事に帰って参りました。

のんびりし過ぎて、あの忙しい毎日に戻れるのか心配。


 ポチッと応援お願いします 
 ↓
人気ブログランキングへ

沖縄旅行記 その2

今朝、高い場所に置いてある猫のフレーク状のエサが入った袋を落としてしまい

床一面エサをばら撒いてしまったワタシ。

自分でやったことですが、朝から疲れます。

さ、気を取り直して沖縄旅行記UPしていきましょう。

Rimg1025

二日目はやんばるの森にある比地大滝目指してトレッキング。

入り口にあたるキャンプ場から大人の足で40分程で到着のようですが

子供連れのゆっくりとした歩きなので1時間程かかりました。

道はよく整備されています。

Rimg1038

落差25.7メートル、沖縄本島最大の滝だそうです。

Rimg1026

途中、こんなとんぼや

Rimg1041

見たこともないモッサモサの毛虫に遭遇。

Rimg1046

鮮やかなとかげ?も見ることができました。

Rimg1044

お昼は国頭村役場近くのお弁当屋さんで購入したお弁当を

途中の東屋で食べました。

このお弁当屋さん、朝のウォーキング途中で発見。

(旅行中も早朝ウォーキング頑張ってます)

作業着姿のおじさんが多く出入りしていたので、美味しいに違いない!と

ホテルチェックアウト後に買いに行きました。

ボリュームたっぷりで美味しかった♪

これで400円くらいだったでしょうか。

Rimg1055

滝を後にして車を走らせ、今帰仁城へ。

13世紀に築城が始まったこのお城、世界遺産に登録されています。

美しい城壁に囲まれた地に座ると気持ちが落ち着きます。

沖縄にはこのようなお城をグスクと呼び

県内には300ほどのグスクがあるそうです。

「グスクを巡る旅なんてこともしたいね」とオットはグスクにすっかり魅せられた様子。

やんばるの森やグスクに癒され、よく歩いた二日目。



 旅行記お付き合いありがとうございます。
 お帰りの前にポチッと応援していただけると嬉しいです  o(_ _)oペコッ
 ↓
人気ブログランキングへ

沖縄旅行記 その1

沖縄旅行1日目。

早朝の飛行機だったので9時30分には那覇到着。

レンタカーを借りて高速を走り北上して、お昼はブラジル食堂へ。

Rimg0969_2

こちらのエスプレッソがすこぶる美味しいとの評判。

お食事は平均的でしたが、評判通りエスプレッソは最高でした。

毎日でも飲みたい。

Rimg1019

食後、向かったのは今夜のお宿、JALプライベートリゾートオクマ。

やんばるの森を背景に広い敷地内にはコテージが点在しています。

Rimg0996

案内されたのは敷地内の一番奥、こちらのメインコテージ。

Rimg0979

お部屋はシックにまとめられていて落ち着いた感じ。

Rimg0980

こんなテラスもあって寛げます。

ゆっくり滞在したいホテルですね。

Rimg0981

これがプライベートビーチにある有名な鐘。

お約束通り「♪あの鐘を~鳴らすのはアナ~タ~♪」と歌いながら鳴らしました。

ビーチで遊んだ後、夕飯はシーフードリストランテBEACHSIDEへ。

実は4月5日が結婚記念日。

沈む夕日を見ながら、スパークリングで乾杯しました。

Rimg1007

前菜、島ラッキョウのフリッター。

島ラッキョウの天ぷらは食べますがフリッターは初めて。

香ばしくて美味。

トリュフが乗っていて子供たち「美味しい」と感動してました。

生意気な。

Rimg1008

ミートソースパスタ。

肉を包丁でミンチにしてあるようなので、お肉の食感が良いです。

生クリーム仕立てで少量でも満足いく一品。

Rimg1010

一口ピザ。

サラダの下のピザ生地がトウモロコシ粉のトルティーヤになっていて

サラダとトウモロコシの香ばしさがよく合っていました。

これは真似したい!

Rimg1011

メインは近海のお魚のグリル。

ボリュームたっぷりで、文句なく美味しい。

Rimg1013

デザートにコーヒー。

あとハーブが入ったパンも美味しかったですよ。

お腹バンバン。

とても満足な結婚記念日のお祝いの夜となりました。


 長い旅行記にお付き合いありがとうございます。
 ブログランキングに参加中です。
 ポチッと応援お願いします (人><。)
 ↓
人気ブログランキングへ

沖縄から帰ってきました!

Rimg0990

昨日の最終便で沖縄から帰ってきました。

4泊5日の沖縄本島を巡る旅。

Rimg1038

滝を目指してトレッキングをしたり

Rimg1197

ずっと行ってみたかった神聖な場所へも。

Rimg1090

大好きな焼き物の里、読谷や

Rimg1142

お馴染みのあの水族館にも立ち寄りました。

Rimg1072

モチロン、美味しいものもい~っぱい食べてきましたヨ。

少しずつUPしていきます♪

その前に義母にあずかってもらってるアルルさん、お迎えに行かないと。

オットの実家、ただ今リフォーム中。

先程帰ってきた旨、お電話しましたら

アルルさん、リビングの塗りたての壁に爪跡を残したそうで・・・・

お土産で許してもらえるかな・・・(汗


 ブログランキングに参加中です。
 応援のポチをしていただけると嬉しいデス ヽ(´▽`)/
 ↓
人気ブログランキングへ

沖縄旅行

Rimg0969

毎年恒例の秋の家族旅行が、ワケあって今年は春になりました。

今日から家族で沖縄へ行ってきます。

ギリギリまで忙しくバタバタしながらの出発。

行ってきます☆


 ブログランキング、沖縄出発直前、お陰様で1位!
 いつも応援ありがとうございます。
 ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいデス ヽ(´▽`)/
 ↓
人気ブログランキングへ

久米島旅行 その3

だいぶ秋めいてきました。

久米島旅行から帰って十日あまり。

なんとなく引きずっている島時間を寂しくともそろそろ切り替えねば。

ということで、本日は久米島旅行をまとめてみました。

Sany0024

こちらイーフビーチホテル前の写真。

イーフビーチは日本の渚100選にも選ばれている2キロに渡って続く砂浜。

Sany0025

遠浅なので潮が引くとかなり沖まで歩いて行け、熱帯魚も見ることが出来ます。

干潮でできた潮溜まりには小さな青い魚やカニ、大きなヤドカニや綺麗な貝など

様々な生物をじっくり見ることもできるので

小さなお子様がいても十分楽しめるビーチです。

このキレイな海を見ながらワタシたち夫婦は・・・

Sany0089_2

読書三昧。

子供たちと一緒に海に入ったり砂遊びしたり

ビーチの隣にあるホテルのプールに入ったりもして、その合間に読書。

癒されました~。

これ以上ない贅沢な時間。

そして夜は島の居酒屋さんで酒盛り!

Sany0064_3

こちら「海坊主」さんのお刺身盛り。

久米島の居酒屋さんでこちらのお刺身が一番美味しかったです。

ただ海坊主さん、照明が妙に薄暗く食べ物が美味しそうに見えないのが残念。

久米島の飲食店は全般的に安くて美味しいです。

島の特産物を生かして様々な工夫をされて提供してくれます。

写真はありませんがワタシはサクナという薬草にもなる葉のお料理が大好き。

天ぷらやお浸し、ソバにも入っていたりします。

こちらでは見かけない材料。

また食べたい!!

Sany0096

                彼方に見える島がイーフビーチから見た奥武島

滞在中、曇り空でパラパラと小雨が降ったりした日が1日あったので

久米島と海中道路でつながっている奥武島を歩いて一周してみました。

昔まだ道路がない頃は干潮時は徒歩で

満潮時は竹馬か船で行き来していたそうです。

その奥武島の東側に位置するオーハ島。

Sany0045

こちらの島はあの市橋被告が潜伏していた島です。

オーハ島には橋はないので奥武島から市橋被告は泳いで渡っていたとか。

3回ほど訪れていて最長3ヶ月滞在し、逮捕された時も

このオーハ島に行く途中だったそうです。

殺人犯の潜伏先で有名になってしまったオーハ島を東に見ながら貝拾い。

中国からの漂流物が多く、砂浜はあまりキレイとは言えませんでしたが

イーフビーチでは見かけない色や形のキレイな貝殻を拾うことはできました。

Sany0832

奥武島を一周してホテルに戻ってくると

海上でカイトボードのカイトがいくつも行き来してました。

風にのってかなりなスピードで、人が回転したりしてダイナミックな動き。

目の前で見るのは初めてで、ムスメたちと砂浜に座って

いつまでも見ていて飽きませんでした。

曇り空でも楽しめてヨカッタ。

Sany0860

よく遊び、よく笑い、よく食べ、よく飲んで、ホント楽しかった久米島旅行。

まだ島時間を引きずっているワタシが

「久米島は夢のようだった~」

昨日学校から帰ってきた長女に言ったら

「夢だったんだよ!!」

と真顔で言われました。

現実に戻ってお仕事に励みます。



人気ブログランキングへ
   ↑ 応援クリックして頂けたら嬉しいデス

米島酒造

Sany0845

1948年創業の久米島の「米島酒造」。

四代にわたって昔ながらの酒造方法で作り続けているそうです。

そのため酒造量が少なく、そのほとんどが島内で消費され

沖縄本島でもその姿をみることはあまりありません。

ラベルも手作業で貼っているとか。

そのこだわりの泡盛を今回は6本購入。

写真左の美ら蛍は古酒ですっきりとした口当たりで洗練されたお味。

右の久米島は創業当時から発売されている銘柄で濃厚な味わい。

両銘柄ともいくらでも飲めてしまいそう。

酒造所周辺には川が流れ、季節になると久米島蛍が舞うそうです。

蛍が舞うような環境に恵まれた地でこだわって作られている米島酒造の泡盛。

美味しくないはずがありません。

一度訪ねてみたいのですが見学は予約が必要なので

お邪魔になっては、と思うとなかなか行けず・・・。

いつか訪ねてみたい所。

米島酒造

   http://www.yonesima.jp/



人気ブログランキングへ
   ↑ 応援クリックして頂けたら嬉しいデス

久米島旅行 その2

Sany0821_2

琉球エアコミューターの機材、ボンバルディア。

横4席・10列の40人乗りで、機内はバスのよう。

初めてこの小さな飛行機に乗った時は着陸するまでドキドキでした。

那覇から久米島まで約30分の飛行。

お天気が良かったので慶良間諸島がよく見えて

慶良間ブルーと言われる、その海の美しいこと美しいこと。

慶良間諸島はダイビングのメッカ。

ダイビングどころか泳げないワタシですが、慶良間にも行ってみくなりました。

こちらが久米島。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/40/Kumejima.jpg

琉球列島でもっとも美しい島で「球美の島」と呼ばれています。

白い細長いところが「はての浜」 

島から船で20分程で行けるサンゴでできた砂浜。

昔、TUBEの「シーズンインザサン」のPVで使われたそうです。

ホテルとその周辺・イーフビーチを楽しむ、というのが今回のテーマなので

今回は行きませんでした。

過去3回行きましたが、泳げないワタシでも様々な熱帯魚を見れますし

珍しいきれいな貝殻拾いも楽しめます。

久米島といえばこのはての浜が観光のメインでしょうか。

沖縄本島や石垣島、宮古島と違って、立派なリゾート施設はありませんし

観光スポットも多くないので地味なイメージ。

ですが、観光地化されていない素朴な島の雰囲気がワタシは好きです。


人気ブログランキングへ
   ↑ 応援クリックして頂けたら嬉しいデス

より以前の記事一覧